【生活に寄り添う・前半】末廣夏美【スタッフ紹介①】 | 2020/05/18

世の中にはたくさんの整骨院・鍼灸院があり、その中から施術所を選ぶ基準として、やっぱりそこで働いている人の性格であったり、考え方であったり、「人となり」が判断の目安となると思っています。

なので、当院HPを見てくださった方の施術所選びの参考になるように、シリーズでスタッフ紹介を発信していこうと思います。

第1段は「末廣夏美」先生です。

 

【プロフィール紹介】

末廣夏美(Suehiro Natsumi)

柔道整復師5年目/鍼灸師2年目

25歳、獅子座、荒尾市出身。性格は明るく、おおらか。好きな食べ物は唐揚げで、荒尾シティーモールの中にあるお肉屋さんのがオススメ。10歳から柔道を始め、スポーツ推薦で秀岳館高校へ進学。卒業後は近畿医療専門学校にて柔道整復師、鍼灸師の資格取得。2019年5月よりマスト整骨院・鍼灸院で勤務し、現在に至る。

 

【取材者】

西尾清太郎(Nishio Seitaro)

鍼灸師7年目

 

 

これまでのケガと大阪の思い出

西尾「まず、柔道整復師や鍼灸師を取ろうと思った経緯を教えてください。」

末廣「ずっと柔道をしてきて、これからも柔道に携わりたいと思ったからです。高校1年生の冬、柔道の練習試合で相手の技を耐えた時、釣り手が抜けずに固定された状態で外転・外旋され、そのまま畳に打ち付けられ、腱板の部分断裂をしてオペしました。実はケガをした後も4ヶ月間病院に行かず、普通に練習していました(笑)。」

西尾「痛くなかったんですか?(困惑)」

末廣「メッチャ痛かったですよ。激痛だからやめといた方がいいです(笑)。」

西尾「そこからどのくらいで復帰できたんですか?」

末廣「手術して半年間は柔道禁止で、何もできなくて。そこから徐々に再開していったけど、1年間は柔道できませんでした。なので、2年生丸々柔道していません。総体とか、大きな試合は全部出ていません。」

西尾「すごいエピソードですね…。そういうケガの経験があって、柔道整復師になろうと思った?」

末廣「そうです。自分がケガをしてきて。ずっと腰痛持ちでしたし、捻挫、脱臼も多くて、よく整骨院の先生にお世話になっていました。」

西尾「なるほど。先生は資格を大阪で取ったそうですが、なぜ大阪だったのか、大阪はどういうところだったのか、思い出に残っているエピソードがあれば教えてください。」

末廣「高校時代の先生のすすめで大阪の専門学校で取得しました。大阪は人が多くて、アットホームで、いろいろな人に助けてもらいました。思い出は友人と自転車に3人乗りした時に、タイヤが潰れて回らず、ズッコけて、すごい打撲を負いました(笑)。真似しないでください(笑)。」

西尾「…、話題を変えます。」

[変形してしまったタイヤ。※ BAA、JIS基準では体重65kgを想定し作られているそうです。]

柔道整復術、早期発見・早期治療の重要性

西尾「そもそも柔道整復術とは何ですか?」

末廣「柔道をしている人たちって骨折や脱臼が多くて、元はそれを素早く治すってのが柔道整復術です。」

西尾「なるほど。先生は専門学校時代に全国2位になられたとか?」

末廣「はい。これがその時の写真です。」

[前列左が末廣先生]

西尾「凄いですね。しっかり競技復帰されていて。今でも現役とお聞きしていますけど、いつどこでされているんですか?」

末廣「長洲柔道塾というところで少年柔道のコーチをやっています。もともと私が小さい頃から通っていた道場なんです。長洲のB&Gでやっていて、月によって時間は変動するんですけど月・火・木・金・土曜日の、小学生は19~21時、中学生が17時30分~19時で練習をしています。今はこういう状況なので休みですけど。あっ、大人でも、未経験者でも、いいですよ(笑)。出稽古で遠征もあり、楽しいですよ。」

西尾「はい、急な宣伝までありがとうございます(笑)。今、こういう状況で、練習できていない塾生たちにメッセージはありますか?」

末廣「一人でできる打ち込みはやってください。技のイメージトレーニングも。それからいつもやっているトレーニングはやれる範囲でやってください。以上です。」

西尾「ありがとうございます。話しを戻します。うちには結構時間がたった、慢性化してから来る患者さんも少なくない印象ですが、どのような印象ですか?」

末廣「治療を開始する時間によって、復帰とか、痛みが引くまでの時間が変わってくると思うので、できるだけ早く来てほしいというのが本音ですね。早期発見、早期治療は本当に大切だと思います。ちょっとした違和感だけでも、相談いただければ対応したいと思っています。交通事故の患者さんも、打撲や捻挫の施術は得意なので、後遺症を残さないためにも、早め早めに来院していただきたいです。」

西尾「確かに。柔道整復師が早期に介入していれば慢性化する患者さんは減るわけですから、将来的には国の社会保障費を抑えられたり、鍼灸に回ってくる難治性の患者さんが減るかもしれませんね。しっかり医療界全体で役割分担を明確にできれば、QOLも高まっていくのではないかと思いました。」

 

《後半へ続く》


取材日:2020年5月13日 最終更新日:2020年5月18日 文責:西尾

お問合わせ|マスト整骨院・鍼灸院

TOPへ戻る